不愉快なユーザーにバイバイしよう

SNSで不愉快なユーザーを見つけた時の対処法

まずはこれから!どのSNSにも使える方法

皆さんは、SNSを利用しているでしょうか?
スマホの普及と共に広まったTwitterやLINEなどのSNSは、情報を素早く入手できたり、思い出を気軽に仲間と共有できるツールとして大変人気があります。

実際、連絡をするのであればメールよりもLINEの方が主流になっていると思います。
また、若い方に限らずTwitterやFacebookを利用している方は世界規模で見ても多いと言えます。

電車の運行情報や、ニュース速報なども、今ではそういったSNSの方がすぐに見れますし、リアルタイムの情報を得られるので大変便利ですよね。

しかしそんな便利なSNSにも、困った問題が起きることがあります。

例えばTwitterのタイムラインで、自分にとって不快なツイートや、見たくないツイートが流れてきてしまった経験はありませんか?

自分の好きな芸能人に対する誹謗中傷や、どうでもいいと思えるような独り言が連投されているなど、見ていて気持ちのいいものではありませんよね。

またTwitterに限らず、InstagramやFacebookなども同様に、「いいね」やダイレクトメッセージ(DM)を送る機能がありますが、この「いいね」が異常に多かったり、DMが特定の人から何件も送られてきたり、なんてこともあります。

どちらにせよ、何かしら対策をして快適にSNSを利用したいですよね。

このサイトでは、そういった不愉快な投稿をするユーザーの対処法について、全てに共通する対処法と、今回はTwitterとインスタグラムに焦点を当てた対処法をご紹介します。

SNSで困ったときは

SNSは、その特性に違いはありますがもちろん共通点もあります。 その共通点を生かして、不愉快な投稿を撃退する方法があるのです。 元から搭載されている機能に加え、様々なサービスを利用することも有効です。 初めに、どのSNSにも共通して行える簡単な対処法をご紹介します。

Twitterでの対処法

このページでは、SNSの中でもTwitterにスポットを当ててみたいと思います。 ユーザーの母体数も多く、その分不愉快な投稿を目にする可能性が高いと言えるTwitterでは、独自の対処法を設けています。 その対処法について、このページでご紹介していきます。

インスタグラムの便利機能

Twitterと同じくらい最近流行しているインスタグラム。 きれいな写真や「インスタ映え」する写真を見るのは楽しいですが、中には突然不快なコメントをしてくる人もいます。 このページでは、インスタグラムでの不愉快にどう対処するべきかご紹介していきます。