>

Twitterでの対処法

知ってる?以外と便利なミュート機能

Twitterに、ミュート機能というものがあるのをご存知でしょうか。
簡単に言えば、嫌なユーザーのツイートを全て自分のタイムラインでは見れないようにする機能です。

以前は、Twitter以外の外部サポートのサービスでしたが、ミュートした際に相手からの返信やDMといった直接的なコミュニケーションも表示されなくなるため、ミュートされた側に気づかれてしまうという欠点がありました。

現在はTwitter自体に公式にミュート機能を追加したため、ツイートは見ることはできないけれど返信やDMは表示されるようになりました。

これは、自分に直接コミュニケーションをとってくる訳ではないけれど、ツイートを見たくない、またブロックするのは関係が悪化して面倒なことになりそう、と思う方にはぴったりの方法です。

自分だけのリストを作ろう

Twitterには、特定のユーザーのツイートだけを見れるようにする「リスト」を作ることができます。

このリストは、他人にリストに誰がいるか分からないように非公開にすることができます。
不快なユーザーに対処するためにリストを作る場合は、非公開でリストを作成しましょう。

リストには、自分が本当に仲のいい友人たちや、タイムラインに表示しておきたいユーザーのみを入れます。
そうすれば、常に見たいユーザーのツイートだけを見れるので大変快適にTwitterを利用できます。

SNS上でしか関わりのないユーザーならブロックしてしまえばいいのですが、普段の生活で会うことがある相手ですとなかなかブロックはしづらいですし、なによりトラブルに発展する危険性もあります。

そんな時にも、このリスト作成の方法は角が立たず有効であると言えます。


この記事をシェアする